Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
鶏燦々
仕事の合間を縫ってコツコツと作っていた鶏小屋が完成しつつある。
笹村出さんの「醗酵利用の自然養鶏」に感銘をうけ、床材に藁を敷きつめた。
すべては健康な卵のために…今や養鶏家を目指しつつあるのかもしれん。

近辺のスーパーのキャベツ売り場で捨てられている外皮をコソコソと
集めているのは、最近テレビにも出たあのレストランのオーナーシェフだ。
コイン精米機で糠を集めているのも彼だ。籾殻も雑草も落ち葉も…。

田舎町にそんな噂が流れてもおかしくないほど鶏の飼料集めに奔走している。
もちろん、店の野菜屑や生パスタの欠片も鶏の餌として集める。
鶏飼育…面白すぎる。

一度でも犬をパートナーにするとあの信頼感は忘れられないだろう。
猫と暮した人なら、あのモフモフはやみつきになるに違いない。
鶏は…上手く文章に出来ないが、想像以上にハマるのだ、これが…。

ウチの店の卵は地鶏の卵を使っている。菓子もジェラートもカルボナーラや
フリッタータ、カツレツの衣ですらちょっといい卵を使う。
しかも一週間に5〜10圈8飽きるほど見てるし、毎日割っている。

にも拘らず、シュガーやヨモギが一個産むか、産まないかで一喜一憂する。
それがまた楽しい。野菜を多く与えると産む気がするし、床は少し湿らした
方がいい気もする。工夫の余地が多くて試行錯誤が楽しいのだろう。

今日はキャベツもたっぷり与えたし…明日産んでるといいなぁ。

2013.08.21 Wednesday 23:47
趣味悠々 comments(1)
シュガーの初産
ヒナコ以来1年半ぶりの立会い出産か?
今朝、シュガーが卵を産みました。

そろそろ初産があると聞いていたのですが、早速ですな。
足で土を掘り、うずくまったと思ったらポロンと…。

いや〜なんだかニワトリがいると田舎暮らし感倍増ですなぁ。
幼い時にじいちゃん家で突かれたことを思い出します。

珍しくネットなんぞで「ニワトリ飼育」なんて検索しちゃって
小屋も大きくしてやろうと少々張り切ってます。

ヨモギちゃんも産まないかなぁ?次は卵かけゴハンか?
2013.08.08 Thursday 02:34
趣味悠々 comments(0)
ニワトリも悪くない
レモン、ヨモギ、シュガー…脈絡の無い3つの名詞はニワトリの名前。
今日ベーカリーフラッグの大塩家から我が家に来たニワトリさん達は
オスのレモン君とメスのヨモギちゃんとシュガーちゃん。

僕が名付けたランやマメ、ウメ、ナム、ユキ、アミとウチに来た時から
すでに名前が決まっていたリュウや大政。今回も慣例に従い名前はそのまま
呼ぶことにしました。シュガーはちょっと呼びにくいけど…。

一説によると、ティラノサウルスのDNAはニワトリに一番近いらしい。
そんなイメージもあるからか、意思の疎通が図りにくい動物を想像して
いたのですが、それがどうして、なかなか可愛くて人懐っこい。

ヨモギちゃんなどは優しく抱き上げ鶏冠をムニムニ摘むとうっとりした
目をするではないか。自称料理界のムツゴロウ。長年鍛え上げた
ゴッドハンドは犬猫以外ニワトリにも効くようだ。

さて、これで一段と賑やかさを増した我が家。猫とヒナコの世話は主に
妻がしているが、犬たちとメダカに加えニワトリは僕が担当することに
なるだろう。お盆を控えて忙しさも加速しそうだが、明日は早速ニワトリ
散歩と洒落込もう。
(写真はヨモギちゃん)

2013.08.07 Wednesday 00:46
趣味悠々 comments(0)
来週から新しい仲間が
頓挫したままのニワトリの婿入りが6日の火曜日に決定した。
小学校の中庭で飼育してた時以来30年ぶりにニワトリを飼う。

ココなら早朝に鳴いても誰にも迷惑はかけない。
好きなだけ鳴くといい。僕に朝を知らせておくれ。
2013.08.04 Sunday 00:03
趣味悠々 comments(0)
豊作、桑の実
入梅のニュースが早かった今年、このまま雨にやられてダメになるだろう
と諦めていたが、例年になく雨が少ないし暑さも相まってか豊作になった。

年々拾いに来る人も増えたが、採っても採っても無くならないほど
たくさん実を付けた桑。聞いてみると、皆さんジャムにするそうな。

僕も母が採った実を3キロほど貰い、今年は桑の実酒を仕込んでみた。
桑の実と氷砂糖とホワイトリカーでオーソドックスな桑の実酒と
桑の実とレモンをブランデーに漬けトニックで割る予定の桑ブラン。

昼過ぎに漬けたがもう赤黒く染まり写真じゃフルボディの赤ワインにしか
見えないので写真は却下。さて、どんな味に仕上がるか桑の実の場合
イメージしづらいが、楽しみでもある。

メニューに無いが興味のある方はご注文下さい。ブランデーの方は
明日からでも楽しめると思いますよ。
2013.06.06 Thursday 23:58
趣味悠々 comments(0)
秘密のブレーメン計画
鶏と言えば煮たり焼いたりと重宝する食材で、安くてうまい肉の代表選手。
今日はそんな鶏の話。

ベーカリーフラッグの大塩君からニワトリを譲り受けることになった。
我が家に来るのはオスのレモン君、推定2歳とメス数羽。

家の事情で飼育困難となったレモン君。晴れて我が家の仲間入り。
てなワケで、昨日からニワトリ小屋を製作中。

忙しい忙しいなんて言いながらニワトリ小屋を作っているんだから、
僕の忙しいも知れたもの。でも折角だから立派な小屋にしてやろう。

さて、犬に猫にニワトリ。我が家のブレーメン計画も残すところロバのみ。
いつの日かロバ小屋も作りたいなぁ。
2013.05.31 Friday 23:59
趣味悠々 comments(0)
流行りもん研究会の活動報告
「幸せ賄い研究会」「地元食材愛好会」「園芸菜園部」「自然観察クラブ」
「セルフビルド研究会」「ビーチコーミングクラブ」「焚き火の会」
「古代史研究会」「ふれすか美化委員会」「読書クラブ」「猫の会」…。

僕が主宰する怪しげな会は多々あれど(残念ながらどの活動も会員は少ない)、
その中でも最も胡散臭い会の一つ「流行りもん研究会」は旬な話題について、
話し合ったり、試したりするなかなか愉快な会。

今日のお試し流行りもんは「50℃洗い」。
しなしなの野菜なんかが50℃のお湯で1分ほど洗うと、あら不思議。
シャキッとするんですって。さて実験の結果はいかに?





昨日、畑で摘んだイタリアンパセリ。忙しくて放置したまましんなり。
50℃洗い後は、確かにシャキッとしている。時間が経てばよりシャキッとなる。
おぉぉ50℃洗い、すげぇー。

さらに、注目して欲しいのがテッペイの顔。ランチ後でクタクタに疲れてたのに…。
50℃洗い後はシャキッとキメ顔。おぉぉバカだ。すいません、バカな師弟で…。

ってなことで、「50℃洗い」の判定は○、と言いたいとこだが、野菜は新鮮なうちに食べましょうよ。

2012.06.10 Sunday 22:16
趣味悠々 comments(1)
2/3PAGES