Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
野宿する家族

蒸し暑さがグッと増した今週は、客足もまばらで時間的にゆとりがあり

ました。今が機会とばかりに気になっていたダクトの油汚れやエアコン

のフィルター掃除、クロの為に作った雨除けの屋根張り、低温で保存し

たままだった裏庭のレモンの氷砂糖漬け、新メニューの写真撮りやレシ

ピ作り…と、溜めに溜めた仕事を一気に片づけました。

なんと気分が良いことでしょう。主だった仕込みも終わり、明日は久々

の何も予定のない休日ですよ。ワクワクし過ぎて眠れない。もう、そん

な年でもないんだけど…。

 

雨が降って延期になったんですけど、本当なら今夜はキャンプに出掛け

る予定でした。キャンプって言っても、我が家の場合はオシャレじゃな

いやつね。キャンプという名の野宿なんですけどね、何もない誰もいな

い海岸や山中でテントを張って野宿する怪しい家族連れですな。

これ、なかなか楽しくて…焚火をしたり、ワインを飲んだり、珈琲を淹

れてみたり、ナイフで木を削ったり…。目的を定めず予定も立てず、風

の吹くまま気の向くままって感じがね、仕事も家も失った男が家族を連

れて放浪している気分になれるんですよ。疑似体験ですけどね、存外、

悪い気しないし、帰った時に仕事や家があることに改めて感謝しますよ。

 

毎回、娘と妻テントと僕一人テントに分かれるんですが、今回はクロも

連れて行って一緒に寝ようと思っていたんですよ。まぁ、毎日ウメと寝

てますが、犬も悪くないんじゃないかと…少々臭いますが。

むっちりとしたケモノと共に寝る安堵感、味わいたいですよねぇ。ちょ

っと酔って絡むと、困った顔になるんですよクロって。あの顔がなんと

も言えないんですよねぇ。間近で見たかったなぁ。

 

2019.06.22 Saturday 02:30
家族譚 comments(0)
お父さんのファンタジー

手を伸ばせな届くぐらいの高さにそれはあったんです。自宅のベットに

寝転ろんだら正面に見える壁の上の方に。モヤモヤっとした感じで壁に

張り付いていて、大きさは娘の手のひらよりも少し小さいぐらいかなぁ。

白っぽいけど何だろう、蜘蛛の巣か、ホコリの塊か、あるいはその両方

が合わさったものか…。兎に角、気が付いたのはひと月ほど前だったと

記憶しておりますよ。それ以前からそこにあるのか、最近できたのか知

らないけど見つけてからは妙に気になりましたねぇ。

 

気になる理由のひとつが形ですよ。マンガのふき出しのような、丸いけ

ど一部分が外に向いて尖っていて、何か主張しているような形でしたよ。

僕なんぞは毎日ベッドで寝ないから時々しか見ないけど、娘もそれの話

をしてましたから、気になってたんでしょうねぇ。それで、妻が運動会

のことでPTAの会合があった日に娘と二人でベットに寝転がってそれの

話をしたんです。

 

「あれは何かなぁ」なんて聞くもんだから、魂だよって教えたんですよ。

だって白くてモヤモヤと立体的で形がね…鬼太郎のマンガに出てくるよ

うな魂の形ですから。「何のタマシイ?」って聞くから、つい、お母さ

んの…って答えましたよ。妙に納得してましたね、娘は。母親が魂の抜

けた抜け殻だってことにねぇ。忘れ物も多いし、時々ぼんやりしてるか

ら納得したのかもしれませんけどねぇ。後日妻に話したら、平然とお母

さんの魂なんよ…なんて言うもんだから、更に本気にしたようでしたが。

 

それが二日ほど前のこと、その日も運動会の反省会で妻はPTAの会合に

出かけていて僕と娘の二人でベッドに寝転がっていたんですが、ふっと

見るとあれが無くなっているじゃないですか。それで娘に「お母さんの

魂が無くなってる」って言ったんですよ。そうしたら、娘は「お母さん、

魂入れたんやろ、だって会があるのに…」だって。

 

いやいや、それなら前回の会合は魂抜きでしたけど…と、ツッコみたく

なりましたが、そこはホレ、理解のある優しい父親ですから、そうだね

ぇそろそろ魂入れとかないと、お母さんは本物の抜け殻になっちゃうか

らなぁ。ちょっと父さん心配してたんよ。と真顔で答えておきました。

まっ、妻が掃除機で吸い取ったらしいんですが、娘は安心したようでし

たねぇ。魂の抜けた抜け殻の母ではこの先きっと困ることがありますか

らねぇ。店の営業も困るでしょうけど…。

 

僕が娘に何か教えるなんてことはあまりないんですよ。知っていること

を教えるには早い気もするし、まぁ、無理に僕から教わらなくてもねぇ。

それだからか、僕が言うことは本気で信じているみたいですねぇ。いず

れ成長したらイイカゲンなオヤジだと気づく日も来るでしょうけど…。

でもその時に、イイカゲンでテキトーなことばかり言う人だけど、お父

さんの話は悪くないファンタジーだと思ってくれたら嬉しいなぁ。

 

 

 

2019.06.14 Friday 02:35
家族譚 comments(0)
家に入ろうよ

妻が外出したので、今日は午後から彼女が眠るまで娘と過ごしました。

何年ぶりでしょうか、二人でこんなに長い時間を過ごしたのは…。

昼ご飯を食べてから1時間半ぐらいはサッカーボールを蹴ったと思いま

すよ。30年以上前はサッカー少年でしたけど…長時間のパス回し練習、

中年の体にはかなりキツイですねぇ。風が強くてバトミントンができ

なかったのでサッカーになったんですけど、それにぽかぽかと暖かい

日中でしたけど、父さんインドア派なんだよな…知ってると思うけど。

ホントは読書とか映画とかそんなんがいいんだけどなぁ。

 

それにしても、小1女子、なかなか手強いですね。口調は母親にそっ

くりだし、口数は妙に多いし、父親の弱点をまあまあ知ってるな。

あまりにうるさいので、ぐらぐらになってる前歯を引っ張ってやりま

したよ、抜けなかったけど…。

 

さて、27日から始まる引田のひな祭りに春日yururitoが出店すること

になりまして(27水〜3/1金まで春日店は臨時休業致します)その準備

に追われております。カレー、ミックスジュース、焼き菓子の販売を

予定しておりますが、聞くところによると去年の来場者は5日間で5万

人とのこと。準備班としては本業を圧迫する勢いで仕事に追われてお

りますよ。尚、この津田にある「ゆるりと。」は通常通り営業します。

土曜日は手伝いに行こうかと思っていますが…。

残り時間はあと3日、カレー300食、ミックスジュース500杯、焼き菓

子200切…売れるか否かより、ちゃんと作れるのか…不安ですねぇ。

 

 

 

 

 

2019.02.24 Sunday 01:45
家族譚 comments(0)
猫の手より娘の手

苺農家さんまで仕入れに出かけたのは今朝のこと。あの濃霧、ちょ

っと記憶にないほど濃かったですよね。場所によっては数十メート

ル先も見えなかったなぁ。よく通る路ですが、どこか知らないとこ

ろを走ってる気がしましたよ。

 

さて、無事忘年会も終わりやれやれ…です。普段夜の営業をしてま

せんから、やたら長時間働いた気がします(まぁ事実、長時間でした

が…)とはいえ、毎年やってる身内の会社の忘年会ですから、もはや

風物詩?感もあるし、緊張を強いられるような仕事ではないのでリ

ラックスして働きました。

 

それに今年は助っ人として娘がデビューしたので…予想以上によく

働いたし…ワガママを言う娘を宥めながら働いた去年に比べて随分

楽でした。連絡帳に親の仕事を手伝った旨を書いて欲しいと言う娘

に、妻が「夜の仕事をしました」って書こうかと答えていたのです

が、どーですかねぇ…表現を変えた方がいい気もしますよね。

 

兎も角、運ぶ途中で焼酎をこぼしたりして手間がかかるところもあ

りましたが、来年あたりはもう少しデキるスタッフになりそうです

よ。そのうち時給を取られることになりそうですけど、ゲストの人

数が多いこういう仕事は猫の手も借りたい時があるんですよねぇ。

今日は娘に手伝ってもらいましたけど、さすがに猫に頼むわけには

…ねぇ。

 

 

2018.12.04 Tuesday 23:12
家族譚 comments(0)
五月の旅日記

ちょいとご無沙汰しております。ゴールデンウィークが終わり、先週末は

連休を頂きました。3連休は正月以来ですかね、久々に休んだ気がしまし

たよ。その連休初日の木曜日は掃除しましたよ。コンテナを呼んで粗大ゴ

ミも捨てたので掃除というよりは片付けと言ったほうが適切ですけど、兎

も角、ゆるりと改装時の木切れから娘の三輪車(海で拾ってきたものでした

から)まで、不要なモノは処分しました。駐車場も随分サッパリしたし、家

の中もスッキリです。

 

二日目の金曜日は旅に出ました。午前中は次の日曜日の出店の打ち合わせ

で高松にいましたが(日曜日のお知らせはまた明日書きます)、娘が下校す

る時間に合わせて帰宅し、それから徳島方面に行けるだけ行きました。基

本的に我が家の旅はノープランですから。18時ごろには阿南市のスーパー

銭湯でお湯に浸かっていたと思います。それから、何の変哲もない店で食

事をして、辺りが暗くなる頃には美波のとある海岸にテントを張ってまし

たよ(笑)ほとんど思い付きの遠出ですから、パンとワインと珈琲だけ持っ

て行きました。テントを張って、焚火して、ワインを飲んで…。

 

連休三日目の朝は日の出ぐらいに起きましたよ。砂地のちょっと斜めにな

った地面の上ではぐっすり眠るというワケにはいきませんが、人気のない

小さな海岸で波の音を聞きながら寝るのも悪くないものです。珈琲を飲ん

でぼんやりと海を眺めて…仕事のことはほとんど思い出さなかった気がし

ます。寝袋とテントを畳んだら車に乗り込み海岸線を走りました。目的地

らしい目的地は無かったのですが、日和佐のウミガメ水族館と牟岐の貝の

博物館には寄りましたよ。生きたウミガメとオウムガイを娘に見せようと

思って…。オウムガイの方は貝殻しか見せれませんでしたが。

 

その辺りが、まあ目的地だったんでしょうね。道の駅で足湯に浸かってし

ばらくぼんやりしたら帰路につきました。家の中の猫たちも、世話を兄に

頼んだ犬たちも心配ですから。再び阿南市に入ってしばらく、大菩薩峠で

アイスコーヒーを飲む頃には眠気がピークに達していました、朝早起きし

ましたから。喫茶「大菩薩峠」の小倉ピザはウチのあんチーズサンドの原

型ですよ。7年ぐらい前に寄った時に食べて…当時僕はイタリアンでした

けど…いつか僕なりに再構築してメニュー化しようとヒントを得た思い出

の料理です。それに、あのラピュタを思い出させる独創的な店は僕の中の

数少ないリスペクトすべき店の一つです。マスターの孤高感は僕では到底

出せない空気ですから(笑)

 

そんなこんなで帰ってきたわけですが、たまには旅するもんだなぁ…と改

めて思いましたね。出かける前に片付けしてスッキリしていたんですが、

旅に出て僕の中もスッキリしましたよ。思い付き、無計画、行き当たりば

ったり…お土産も写真もほとんどないし、インスタやフェイスブックに載

せることもしませんが、何故だか適当に出歩くとスッキリするんですよね。

その日の寝床や食事のことで手一杯ですから、仕事のことも思い出さない

し…。幸い?妻も僕以上に無計画ですから、旅先で揉めることもないしね。

娘はいつか気づくでしょうね、両親が思い付きで旅していることに。そう

したら変に思うこともあるかもしれませんよね、まっ、そんな家ですから

慣れるでしょうけど…。

2018.05.15 Tuesday 03:05
家族譚 comments(0)
4月10日…再び臨時休業

先日は臨時休業の告知が当日になってしまい申し訳ありませんでした。

何かあったの?と思われた方もいたようですが、何もありません。前々

から妻に言われていたにもかかわらず、遅くなってしまっただけです。

あえて言い訳をするなら、最近の仕事量が多すぎる所為だと…まぁ、そ

んな気がするだけかもしれませんが…全部ではありませんが春日店分も

ありますから…やっぱり多いんでしょうねぇ。たぶん、その所為です。

そんな言い訳を書いた後にお知らせするのも気が引けますが、次は10日

火曜日を休みます。こんなに頻繁に休むと「今日はやってますか?」っ

て電話がやたらと増えるんですが、娘の入学式です、お許しください。

 

さて、そんな小学校入学直前の娘が、小学校に入学したら仕込みを手伝

うというのです。そして、4年生になったらスタッフとして働き、大人に

なったらカフェを営むと…。まぁ、僕も小1から実家の和食屋を手伝って

いましたが、カフェをなめんなよ。ケーキを焼きたいとのことでしたが、

ちゃんと数字が読めるようになってから出直してこいって言いましたよ。

とはいえ、小学校からケーキを覚えれば末はどんな職業になったとして

も「ケーキを焼ける人」でしょうし、それはなかなか素敵なことだと思

うので、どこか頃合いを見計らってケーキを教えることにしましたよ…

ただし、その頃にやる気を失っていなければ、ですけど。

 

2018.04.09 Monday 04:58
家族譚 comments(0)
娘との会話

先日の臨時休業の日は小学校の入学説明会でした。それを受けて今日は

制服や体操着の注文と文房具の購入、着々と進む入学準備。僕はすっか

り忘れてしまいましたが、やはり当人はドキドキワクワクしているので

しょうか?ちょっと気になりますよねぇ。

そこで、金曜日は僕が幼稚園にお迎えに行って、その帰りに人気のない

海岸を散歩しながら娘としばらく話をしました。

 

父 昨日、小学校に行ったらしいね、どうだった?

娘 案外よかったよ。ちょっと退屈だったけど…。

…いつもテンションの高い娘にしてはクールな回答ですよ。

 

父 帰りは家まで歩いて帰ったんでしょ、どう?歩いて行けそう?

娘 そりゃ行けるよ。なんで?

…車で行けば1〜2分ですが歩けば30分近くかかる通学路、父の心配をよ

そにまたしてもクールな回答です。

 

父 坂道、嫌じゃないの?そこそこ疲れるでしょ。

娘 そりゃ疲れるよ、マルナカの近くに家建てて欲しいわ。

…ローンも終わっていないのに厳しい話になりましたよ。聞くんじゃなか

ったなぁ。

 

…と、小学校入学をどう捉えているのか僕には分からなかったのですが、

今日買った文房具の筆箱や鉛筆は気に入ったようでして一緒に寝ているん

だとか。なかなか可愛いところもありますねぇ。

 

 

 

 

2018.02.25 Sunday 03:41
家族譚 comments(0)
1/23PAGES