Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
今夜の葛藤

梅雨が妙に長かったし、娘もまだ学校に行っているから、なんとなく

7月の気分が抜けない今日この頃。やっぱり今年はバランスを欠いて

いるんだと思わざる得ませんなぁ。もう、8月だというのに…。

 

古本屋で買ったちくま日本文学の泉鏡花を読むうちに、首の周りがぐ

っしょり汗に濡れ頭が朦朧としてとしてくる。真夏の読書は熱中する

と危ない。これはきっと軽い熱中症だわ。

こんな時は、涼しいところで横になって、幻想文学の余韻に浸りつつ

うとうとするのが一番なのだろうけど、明日の仕込みも中途半端だし、

総菜の準備もしていないし、そもそものんびり読書なんぞ出来る身分

ではないことを思い出していそいそと厨房に立つ。

 

先日、車のドアに挟んだ人差し指が疼く。爪の半分が赤黒くなって倍

程に腫れたこの指。漸く曲がるようになったので包丁仕事もできるけ

ど、何れ来るであろう爪が捥げる日を想像してしまう。

挟んだ翌日に珈琲を飲みに来た友人に話したら、痛いんならいっそ切

り落としてしまえ、などと無責任なアドバイスをもらった。人の痛み

とはなかなか伝えることが難しいものだと痛感した。

まぁ、3日が過ぎてもう痛みは治まったけど…。

 

さあ8月だ、と。つい昔の癖で身構えたくなるけど、喫茶店には盆も

正月もあまり関係がないんだった。年がら年中ヒマといえばヒマだし、

忙しいといえば忙しいのが喫茶店というもの。とりあえずアイスコー

ヒーを淹れて本でも読もうか、つい、そういう気分になってしまう。

それでまた頭がぼんやりするまで本を読んで、やりかけの仕事を思い

出して焦るんだろう。だいたいこれを数回繰り返したら疲れて眠る。

気怠い夏の夜は遅々として進まない。

 

気分を変えて新しいものを作ってみようか。産直で買ったブルーベリ

ーとよく水を切ったヨーグルト、サワークリームに生クリームと砂糖。

ブルーベリーのムースなんてどうだろう?なんだかシャキッとしそう

な予感。目が覚めるような鮮やかな色にブルーベリーとレモンの酸味

がきっとこの気怠さを吹き飛ばすに違いない。

アイスコーヒーと泉鏡花か、ブルーベリーの酸味が聞いたムースか…

そりゃやはりブルーベリーだよね。よし、やろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.08.01 Saturday 23:10
僕は思う comments(0)
2020年5月近況

ゴールデンウィークの自粛ムードが解けたのか、7日以降問い合わせ

の電話が増えました。いざ、久しぶりに外食しようか、という気分に

なってウチの店を思い出していただける有難さ、まだご希望にお応え

することはできないのですが、感謝の念に堪えませぬ。

 

テレビのニュースを賑わす「持続化給付金」、申請するよういろんな

方からお声がけを頂くのですが、月商が前年同月の50%以下という条

件でございます。4月の中旬に自粛ムードが高まり急激に売り上げが下

がった当店では4月が前年比60%弱、なかなか難しい案件です。

 

営業再開はいつなのか?これも判断は難しい。今までのやり方で仕込

みをしてもきっとロスが多いと思うんですよね。問い合わせが増えた

とはいえ、やっぱりお客さんは少ないでしょうから。小ロットで仕込

んで、小さく回す仕組み作りも必要です。レシピの調整などもう少し

時間が必要です。

 

いっそ、これを機に店内をリニューアルするというプラン、作成中で

す。ここ1〜2年の間、日曜日や祝日には少なからず無理をしていまし

たから、また無理をして仕事が雑になることもしばしばありました。

その「仕事の雑さ」はストレスでもありました。この機会に力量に合

った店に作り替えたいと、そう思ってます。

 

具体的には客席数を2/3程度に減らす予定です。今まで30席ほどあっ

た客席を20席にする、6人掛けを4人掛けに、4人掛けを二人掛けに。

人数が多いファミリー層を避けて1〜2名のお客様を中心に。このよう

なプランで進行しています。前の方が良かったというお客さんもいる

とは思いますが、それが今の僕たちの力量であり、持続可能なスタイ

ルでもあるということをご理解いただきたい。

 

つきましては、3週間ほどの工期を考えております。もちろん前回同

様セルフビルドですから、僕の体力と能力次第ですが…。本も増える

ので本棚も作るし、コロナ禍のようなことを想定すると間仕切りを増

やして半個室的な空間も増やした方がいいのかもしれません。今日か

ら具体的にプランニングしているところです。

 

そのように考えると、もはや「ゆるりと。」という店は一度閉店した

といってもいいと(法的には存続していますが…)思うのです。そして、

新たに店を作るのだと、そういう心持ちでいます。それは「ニューゆ

るりと。」と呼んでも「シーズン2」と呼んでも良いわけですが、い

ずれ違ったものになるということです。

 

そうなると、客層も変わり、メニューやサービスも変わり、内装も変

わり…と大きく変化しますが、僕が目指すカタチに一歩近づくと思い

ます。賛否両論は避けられないでしょうけど、それも致し方ないこと

でしょう。変化を恐れていては何もできないし、茹でカエルになるに

は若すぎる気がします。

 

出世することもなく、部署が変わることもなく、ましてや卒業もない

個人事業主。節目がないなら自分で作るというワケですよ。「変わら

ない良さ」について全く理解がないこともないのですが、諸行無常は

避けられないのですから。どこかで待ってくれている人がいる…そう

思いつつ出来ることから始めようかと思う今日この頃です。

 

2020.05.08 Friday 22:00
僕は思う comments(0)
ご無沙汰ですのでたっぷり書きました

仕入れてきた新鮮な野菜は湿らした古新聞で包み、ビニール袋なんか

に入れて保存する。パスタの具材にするホウレンソウやキノコなども

古新聞を敷いた大き目のタッパーに入れて、その上にも新聞をかけて

なるべく冷気が直接当たらないように気を使う。家族には気を使わな

い僕も食材には気を使うのだ、それなりに…細心の…。

そうすると、その野菜を使う時に古新聞を目にすることになる。これ

が活字好きな僕にはちょっとした楽しみでもあり、もはや習慣のよう

に休憩しながら数ヶ月遅れのニュースを読んでいる。

 

妻の実家から貰っているのは2〜3か月前の朝日新聞。湿った紙面を

捲ると「武漢で新型コロナ蔓延」の記事。1月上旬の日付だったか。

よもや、3か月後にこうなるとは当時は誰も思わなかったのだろうな。

飲食業界(きっと他の業界も同じだろうけど…)は今やピリピリとした

空気感に包まれている。感染したくないし、させたくない。けれども

休業するのも難しい。持ち帰り商品を作るか、席の間隔を広くするか、

換気や消毒は?マスクは?…皆、対応対策に追われている…ようだ。

 

1月24日付の国際面では「イタリアゆる〜くイワシ運動」の記事。

イワシ運動とは右派ポピュリズムに対する市民集会とのことだとか。

名人戦のA級順位戦で木村王位に対して佐藤九段が放った3一銀が強

烈に決まった棋譜が掲載された日の記事だが、まだこの頃はイタリア

に牧歌的な空気感があったのだろう。イタリア人の友人のフェイスブ

ックを見る限り、もはやそういう緩さは微塵も感じられない。

翌25日には山田監督の最新作に志村けん主演とある。小さな記事だ

が今となっては志村けんの笑顔の写真が痛々しい。

 

ここしばらくブログを休んだ。最近ゆるりと。はどーなの?と思われ

たかもしれない。彼は忙しいのか?と。確かに12月以降は井戸モール

やIDOCAFEの準備や運営、お惣菜の納品なんかで忙しくしていた。そ

れはもうフレスカを開業した頃のように朝も夜もなく働いたけど…。

実働の忙しさが原因というよりも、コロナ禍でなんだか世間が騒がしく

なって、有象無象が無数の発信を行い、世界が雑音にまみれて…それで

疲れてしまったのが原因じゃないかと。騒がしいなと感じて以来、SNS

もブログも何故か更新出来なくなってしまった。ごめんなさい。

 

現状はあまり良くないと思う。先週あたりから顕著にお客さんが減って

きたけど、桜の頃は毎年客数は減少する…きっと、花見に行くから…そ

れに、去年より人気が落ちたのかもしれないし、飽きられたのかもしれ

ない。たぶん無関係とはいえないが、売り上げ減少の理由をコロナの影

響と関連付ける証拠は今のところ存在しない。ほとんど予約もないから

キャンセルもない。混雑するんじゃないかと思って準備してもヒマな日

があるし、ヒマじゃないかと思って油断してると慌てることになる日も

ある。要するに、よく分からないし予測などできない。

 

予測が無駄であることは身に染みている。何年やっても当てることはで

きない。当たることはあっても根拠はない。勘か?感か?いずれ、僕の

言うことに大した根拠はない。川面に浮かぶ木の葉よろしく流されるだ

けだから。今が上流か河口付近か、あるいは澱みをくるくる回っている

のか、木の葉には分かるまい。もちろん、川面に浮かぶ木の葉に抗うす

べのどあるはずもない。だから、今のところ毎日決めた通りに10時に

店を開け17時に閉めている。売り上げが減っても対策など考えてはい

ない。日々淡々と注文をこなし、減った分を仕込み、頼まれた総菜を納

品して寝る前に本を読む生活。正直、これだけで精一杯だから。

 

先日、兄に注意を受けた。駐車場にあるお客さんの車が神戸や京都のナ

ンバーだというのだ。だから僕に一体どうしろ、と。よもや京阪神方面

のお客様お断りというワケにもいくまいて。とはいえ、もし感染すれば

風評も含め大打撃を受けるし、納品先のIDOMALLや傘下のIDOCAFE、

果てはフレスカにも迷惑をかけることになるかもしれない。県内の感染

者も確実に増えているようだ。しかし、一方で今日の日銭で明日の食材

を買うような小商い、休業も儘ならないのが本音だろう。補償や政府の

不備を叫んでも虚しい。自営業の本質は自衛だろう、そろそろ決断の時。

 

先行きの不透明感に不安を感じると人は言う。しかし、透明だったこと

などあるのだろうか?不透明であることに気づいただけじゃないのか?

人は正常バイアスを取り払うことは可能だろうか?予測せず日々を過ご

すことはできるのだろうか?疑問だらけだ。

自分にとって自分は世界のすべてだが、世界にとって自分は一部でしか

ない。感染すればグラフの一人としてカウントされるだけのデータにな

る。あの、日々見せられる感染者のグラフは何を意味するのだろう?休

業してこの嵐をやり過ごすなら、包丁やフライパンを置いてたっぷり時

間があるなら、雑音を排し静寂の中で自問してみたい。

 

今のところ、第一案として5月1日から5日までの休業を考えている。

場合によっては前倒すこともあり得るし、せざる得ない状況になるかも

しれない。平日は近辺のお客さんが多いから、休業するなら遠方からの

お客さんが来店する日曜日や祝日が効果的ではないか?という判断から

だが、もちろん大した根拠はない。ウチの場合、スタッフがいないので

そういう意味では身軽だからその日の朝決めることもできる。経営を考

えるのは常に僕で妻は何時だって休業派だから、不服はあるまい。学校

もない、学童保育もない、娘のことを想えばゴールデンウィークはいず

れ手詰まりになる、そんな気もするがこれも根拠はない。

 

井戸モール、IDOCAFEについては閉店時間を19時までに短縮して営業

するらしい。なるべく人と接さぬよう駐車場から電話すれば届けてもら

える、そういうサービスも始まると聞く。詳細はIDOMALLのフェイスブ

ックや電話などで確認して欲しい。現段階で休業の話は聞いていない。

いつも消極的な姿勢の僕などとは大違いだ。いろんなサービスを考え、

問題解決に挑み、実践する…末席でもいいので置いて頂き感謝している。

今こうしてのうのうと流されているのも総菜やIDOCAFEのお蔭だろう。

井戸モールが繁盛するよう尽力したい。

 

さて、久しぶりなので今日は長めに書きました。とりあえず元気にやっ

てますよ。今、店を休むなら庭仕事がしたいなぁ。不要不急の外出は控え、

土を触って空を眺め、庭でおにぎりでも食べながら家族で過ごすってのも

悪くないんじゃないかなぁ…そんなことを思ってます。昼間は庭に、夜は

本を読んで…仕事しないからお金はないけど、幸せだろうなぁ、って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.04.13 Monday 18:17
僕は思う comments(0)
45歳、ちょっと舞い上がるわ

立春を過ぎてぐっと寒くなりましたね、1月までの緩やかに下る秋

のような冬が嘘みたいに…。

 

さて、2月になりました。もうすぐ日付が変わって金曜日になるんで

すが、今月から定休日となります。18歳のアルバイトから数えて20

数年…週休二日のスタイルなんて初めてのことですからやや緊張気味

ですよ。定休日を無駄にするまい、という思いが強すぎて無駄にしそ

うな勢いですねぇ。過ぎたるは…何とやらですかな。

 

とはいえ、告知も不十分ですし、明日はなるべく店で仕込みをしなが

ら誤ってご来店されたお客さんに直接詫びながら過ごそうかと…。実

際、仕込みも多いし、今月は確定申告を抱えているので帳簿の確認や

ら伝票の整理やらデスクワークもたっぷりですよ。一人で焚火の火を

眺めながらぼんやりするのはまだまだ先のことになりそうですね。

 

それに、定休日とはいえ、金曜日も土曜日も朝は総菜を作ってIDOM

ALLに出荷する仕事があります。IDOCAFEも毎日様子を見に行ってる

し、これに仕込みやデスクワークを加えれば、十分仕事をしたと言える

気がしますよ。まっ、仕事以外はロクなことをしていないので僕にはこ

れぐらいが丁度いいのかもしれませんが…。

 

さあ、久々に時間がたっぷりありますよ。何しよっかなぁ。菓子も焼

けるし、ソースも煮込めるし、伝票の整理も悪くないなぁ。菓子を焼

きながら伝票の整理もできるんじゃない。とりあえず本でも読む?

そんなことしてたら、気づけば土曜の夜…なんてことになるんかなぁ。

 

 

2020.02.06 Thursday 23:26
僕は思う comments(0)
回復しました

久しぶりの更新になります。ご無沙汰しております。

 

12月20日にオープンしたIDOMALL、その総菜ショップにお総菜を

卸し始めてひと月が経ちました。これがなかなかに手強くて日々奮

闘していたわけですが、年明けから先日まで2週間ぐらい調子が悪

かったんですよ。慣れない仕事に頑張り過ぎたんですかねぇ。漸く

今週あたりから体調も戻りまして、仕事にもそれなりにキレが戻っ

た次第です、自己評価ですが。

 

正確に言えば、今年は5日から店を開けたのですが、4日にマメの調

子が急激に悪くなりまして、寝ずに看病していたのですが5日の早朝

に旅立ったんですよ。そのまま着替えて開店準備に入ったんですけど、

その日はやっぱり猛烈に忙しくて、マメがいなくなったショックと睡

眠不足と過労が重なって、ずるずる体調不良に…。

 

マメのことはずいぶん前から覚悟していたはずなんですけどね。この

夏は越えることが出来るかなぁ?なんて言いながらふた夏越えました

から、流石にもう長くはないだろうってね。それでも19年近く一緒に

暮らしたし、ここ半年ほどは認知症やら白内障やらでかなり手が掛か

ってので、何と言えばいいのか、世話を焼かない分の喪失感のような

ものが…自分の一部が失われたような気がして、想像以上にショック

を受けたんですよ。もう受け入れたんですけどね。

 

兎も角、仕事が多いのとマメを失ったのと…それでもクロの散歩や娘

の学校や日々の生活はあるわけで…もう、ブログの更新は疎か目の前

のことしか出来ない状態になっていたんですよね。店を閉めた日もあ

りましたっけ。辛いとか悲しいとか、そんなことはあまり思わなかっ

たなぁ。ただ、なんか欠けてる感じですか。日に日に忙しく動き回り

ながら、何か大切なことを忘れてるんじゃないかと不安になる感じ。

 

まっ、そんな風に状況も上手く認識できない状態だったんですけど、

予定の日が来たのでIDOCAFEもプレオープンしました。先週からで

すが。今のところ仮免のような営業ですからメニューも限定的ですが、

少しずつ感じが掴め始めたようです。店を閉めたら毎日様子を見に行

って、話を聞き、話をして、不足している道具や材料を補充して…今

はそんな調子調子でやってますよ。IDOMALLに足を運ぶことがあれば

ぜひCAFEの方も寄ってみて下さいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.24 Friday 02:31
僕は思う comments(0)
令和元年、今年もありがとうございました。

あれよあれよという間に大晦日を迎えてしましました。

2019年の営業は昨日、12月30日で終了しましたが、IDOMALLの

総菜ショップ「古今総菜」への納品が今日まででしたので、今朝ま

で仕事が続いていました。前回の更新後、20日(金)より総菜やデザ

ートを作ってIDOMALLへ納品していますが、なかなかハードなスケ

ジュールでして、仕事をするか、あるいは気を失うように眠るか…

そのような日々が続いています。ゆるりと。の定休日も総菜作りは

あるので、明日の元旦は久しぶりの休日ですよ。

とはいえ、3日のIDOMALL初売りの準備の為に2日からは仕込みがあ

りますが…。また、3日はイベントも開催する予定で、我々IDOCAFE

チームはホットコーヒーを準備してお待ちしています。その日は特別

に開業前のIDOCAFEの内覧も可能ですので、お時間のある方は是非

見に来て下され。

IDOCAFEののオープンは15日ごろを予定しています。新年早々慌た

だしい日々が続きそうですが、こちらもまた宜しくお願い致します。

 

ゆるりと。の方はといえば、こちらはほれ、やっぱり「ゆるりと。」

ですから、新年は5日(日)からゆるりと営業しようかと…。

それから、いろいろ検討した末に2月から毎週金曜日と土曜日の週二

日を定休日にすることに決めました。金曜土曜ともIDOMALLへの総

菜とデザートの販売はあるので、実質僕は無休スタイルになるのです

が、やりたいことが…新しい焼き菓子を試作したり、庭に草花を植え

たり、ぼんやりしたり…他にもありますから、お客さんにはご不便を

おかけして申し訳ないとは思いつつも、思い切って週休二日にしまし

た。来年は「ゆるりと。」日〜木営業となります。

僕の目論見では結果的に充実した店づくりができるんじゃないかと思

うのですが、こればっかりは試してみないことには分かりません。

そのうち、金曜日の営業を再開します…なんて言い出したら、失敗し

たんだなと思ってください。

 

総菜やデザートの卸業にカフェのプロデュース、週休二日の営業スタ

イル…新しいことに挑戦しなければ年齢とともに緩やかに下降するこ

とになるでしょうねぇ。まぁ、それも予定調和的で悪い気もしません

が、フレスカを捨てて4年、まだどこかでひと花咲かせることができ

るんじゃないかと、日々足掻く四十路なのです。

メニューもちゃんと作れてないし、看板も無くなって久しいし、お客

さんこそ来てくれているものの、もうちょっと頑張ろうぜ、もうちょ

っとちゃんとやれよ…オレ。

そんな風に自分を叱咤激励しつつ令和元年を締め括るのも如何なもの

かと思うのですが、今年も有難うございました。来年もよろしくお願

いいたします。来年はもう少しマシな話ができればいいのですけどねぇ

…精進致します。

 

2019.12.31 Tuesday 15:31
僕は思う comments(0)
謝辞と抱負

今日は先ずお知らせから。

 

今週の金曜日、12月29日ですが娘の授業参観の為臨時休業致します。

それから、突然フェイスブックが作動しなくなり(画面が消えるので

すが…)タイミング悪く昨日は僕の誕生日でして、祝福のメッセージ

なんかを頂いたのですが、一切コメントできない状態です。この場を

借りて(SNS上の繋がりとブログを見ている方とは重複していないか

もしれませんが)お礼を申し上げます。

 

さて、また一年乗り切ることができました。45歳になりました。感覚

的には一年車検の車のようなもの(かなりポンコツになっちゃいました

が…)ですから、この一年も廃車になるような事故を起こさずに無事に

過ごせたことに安堵しております。以前のようにアクセルを踏んでも

スピードは出ませんが、その上燃費もかなり悪くなりましたが、45歳

といえばそろそろ人生のゴールド免許が見え始める歳です。新たな一

年も安全運転を心がけたいものですね。

 

新たな一年と言えば、来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、来年2

月でこの「ゆるりと。」も5年目に突入します、たぶん今が4年目だった

と…。その2月から隔週で金曜日を休日にしようと思っています。第2第

4金曜日と毎週土曜日…のように。

 

この計画は後々完全週休2日制を念頭に置いたもので、飲食店としては

異例の10時ー17時、週休2日の営業スタイルを実現したいと考えてます。

これは慎ましいけど静かで豊かな暮らしを目指す僕の壮大な実験です。

ライフバランスを整えつつ持続的に、それでいて安定した飲食店経営を

ノウハウ本やセミナーのような他人を頼らずに、自分の人生を実験材料

にして確立したいと思ってます。飲食業界を目指す若い方々に、あるい

は現在限界に近いほど働いているこの業界の方に提示したいな…と。

 

それなりに繁盛しなきゃやる気が失われる、創作意欲も湧いてこないし、

常に鮮度の良い食材も抱えることもできない。キャッシュフローも苦労

するし、何の保障もない世界で将来への不安も拭えない。だからといっ

て繁盛も過ぎれば体はボロボロになるし、家族との時間も失う。精神世

界も広がらず只ひたすら日々の仕事に追われることになる。

飲食店を自分で営業しながら経営すれば、誰しも経験することですけど、

きっと絶妙な加減があるはずだと思うんです。それを見つけたいなと。

 

そんなこんなで新たな一年もよろしくお願いします。来年は一年はゆるり

と。の変革もあるし、IDOCAFEの挑戦もあります。フレスカとも付かず

離れずつき合うだろうし、まぁ、全体的にはぼちぼちやるんじゃないかと。

どうせアクセルを強く踏んでもスピードはでませんから(笑

 

2019.11.27 Wednesday 03:38
僕は思う comments(0)
1/67PAGES