Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
臨時休業のお知らせ

8月15日(木)は台風接近に伴う荒天が予想されるので臨時休業致します。

 

今のところ雨は上がってますが風は強いですね。今夜は実家で親戚と

食事をしていたのですが、住宅地に比べ山の風の激しいこと。何年か

に一度は庭木が倒され、ゴミ箱や家の周りにある物が飛ばされるぐら

いの台風が来ますが、今回はどうなることやら…。

16日(金)は通常営業の予定ですが、庭木が倒れるほどの被害が出た場

合は店を閉めることになるかもしれません。

人間の分際で台風の進路や強風に口出しすることはかないませんが…

大きな被害が出ないことを祈るばかりですな。

 

さて、こんなカタチでお盆の営業も終わろうとしていますが、今年の

お盆は上手く営業できた気がします。満席でお断りすることも少なく、

欠品を続出することもなく、ふらふらになるほど無理をすることもな

く、程良い仕事でございました。ありがとうございました。

こんな話をすると諸先輩には叱られるのですが、四十を過ぎて以降年

々減る仕事力と決して減ることのない仕事量の差が悩みの種でして…

「力量に合った店づくり」をテーマのひとつに掲げているのですよ。

持続可能な店を、あるいはそういう仕事に対するスタンスを確立する

ことは、繁盛店を作るより難しいのかもしれませんね。まぁ、繁盛店

を作ってから言え…と、そう言われれば口を閉ざさざる得ませんが。

 

決して流行らず、けれども廃れぬ店で、写真を撮るほど映えないけど

悪い気がしない盛り付け。珍しくも豪華でもないけど、たまに食べた

くなる料理。行けば程良く落ち着いて、緊張と安心が仲良く同居…そ

ういう店でありたいですね。まぁ、欲を言えばほどほどの仕事量でね。

2019.08.15 Thursday 02:14
店の裏事情 comments(0)
活字と静寂

今週は営業も然ることながら、いろんな人が訪ねて来て…まぁ、

楽しいといえば楽しいんだけども、忙しというか、目まぐるしい

日々で、何が何だか。

 

先週の金曜日にはディナーの仕事を受けたんですよ。毎年頼まれる

ちょっとした会合兼食事会ですけど、この辺りから妙にイレギュラ

ーな日々が始まった気がしますねぇ。仕事をねじ込んだ親父の所為

なのか?

 

翌日は友人主催のBBQをウチの駐車場でやったんですけど、肉の手

配やら飲み物冷やしたりやら…お世話もあって。来た人の半分以上

は初対面で気を使うし、暑いし…。BBQをウチでやりたいと言った

H氏の所為か?

 

同時進行で店のエアコンの入れ替え工事があったんですよ。これも

もう18年以上使ったエアコンですからそろそろ交換ということで…

外では知らない人たちがBBQ、店内は知らない人たちがエアコン工

事。妙な具合で…どっちにも気を使うしねぇ。7月中に納品したいっ

て言ったのはリース会社だったっけ?

 

そんなこんなで仕込みも準備も不完全なまま日曜日の営業に突入…。

何とか終えたものの、冷蔵庫は空っぽで。ははは…参ったなぁ。

なんて思ってる間もなく、翌日からも案外忙しくて、火曜日なんか

満席が続いて…何でだろう?お客さんの所為ではないだろうけど。

 

兎も角、仕事は間に合ってないわ、体は休めてないわわ…それでも、

いろんな人が訪ねて来て妙に楽しいわ…。何だか調子狂うなぁ。

まぁ、売り切れたり欠品を出したり、しどろもどろになりながらそ

れでも今週を終えることができて、ほっとしてますが…早よ忘れよっ。

たぶん自分の所為だな、このバタバタ感は…。

 

さて、フレスカに行ったらお盆はもう予約で満席だとか…。ちなみに

ウチは一件もご予約は受けてませんが、たぶん混みます。いや、混ま

ないか?いやいや、たぶん混み合うな。お盆で家族が帰省して大勢に

なるのは想像できますが、正直、団体に向く店ではありません。です

から、なるべく一人、あるいは2〜3人でふらっと来て下さい。席があ

るか心配なら電話下さい。

 

活字と静寂を愛する人の店…が、基本のスタンスですから。家じゃ孫

がうるさくて一人でゆっくり珈琲が飲めないとか、旧友と会ってゆっ

くり話し込みたいとか、お盆休みの間にじっくり読書がしたいとか…

お客さんの来店動機に口を挟むのも烏滸がましいのですが、当店は

それ用に作られているということを店主の僕からお伝えをしたい。

 

2019.08.03 Saturday 03:09
僕は思う comments(0)
お母さんタヌキ説

梅雨が明けて本格的な暑さが始まる予感。今年も夏が来ましたねぇ。

 

ユキが居なくなった我が家は静かですよ。ああ、家の中で音を出す

のは娘とユキだったんだなぁ…と気づかされました。まぁ、賑やか

で家庭的な雰囲気をユキ一匹で演出していたんでしょうね。アミな

んて(彼女も推定8歳ですが)足音も立てないし、ほとんど鳴かないし

、そもそも出てこないと家の中の何処にいるのかも分からないです

から。ウメはいつも同じ場所で寝てるんですけど、こちらは動かな

い。こうなると、娘だけが妙に騒がしく動的な感じが否めませんが

小2活発系女子ですから、まぁしょうがありませんよね。

 

そんな娘に、いや、娘だからこそそうなのかもしれませんが、いろ

いろ聞かれることが増えましたねぇ。何故お母さんと結婚したのか?

昔の彼女は可愛かったのか?その人はお母さんより美人だったのか?

何故その人と結婚しなかったのか?…等々、僕の女性遍歴ともいう

べき過去を聞きたがりますよ。僕は男兄弟で育ちましたから、親に

対してそういうことを聞いたことがないし、興味もないし、そもそ

も思い付きもしなかったんで、新鮮な気持ちで娘の投げかける疑問

を聞きますよ。…そんなこと聞いてどーしたいのか?謎ですけど。

 

そう聞くと、やっぱり今どき小学生女子はマセているのかと思うの

ですが、どうもそういうワケではないなく、半信半疑ながら心の片

隅で、「お母さんタヌキ説」を信じている節もあるのですから笑え

ます。お母さんタヌキ説というのは、文字通りお母さんは本当はタ

ヌキだという話なのですが、娘がまだ幼稚園の頃に僕が教えた話で

すよ。山歩きをしていた僕が傷ついたタヌキを介抱して、その恩に

報いるために僕の仕事を手伝っている、タヌキだから忘れっぽいし、

陽気なんだよ…そういう話ですね。

 

その説を基にして、人がたくさんいる大型ショッピングセンターや

行楽地、観光地は苦手なんだよ。人が少ない山や海、川や自然が豊

かなところが好きなんだよ…事あるごとにこう話しましたよ。もち

ろん、お前にもタヌキの血が半分入っているから、人が多くいると

ころでは気を付けてね、とね。妻の方もタヌキ役が気に入っている

ようだし、両親から真顔で話されると信じますよね。まっ、僕も時

々妻を見てタヌキかもしれんって思うこともありますから。

 

さて、メニュー替えの方ですが遅々として進んでおりません。雑誌

の取材なんかですでにメニュー数を増やすと話したので記事になる

前に実行せないかんのですが…。ところが、仕込みの方は完了して

いるので、実際は15種類程度のメニューを出せるし、常連さんや遠

慮せずメニューに無い料理をリクエストするお客さんにはオーダー

を受けて提供しているんですよ。なんとも妙な具合でして。

 

パスタですと豚の煮込みソースやミートソースなんかのラグーと呼

ばれるソース類も常備していますし、カルボナーラ、アラビアータ、

ペペロンチーノ、クリームソースなどの基本的なソースも対応して

います。リゾットも同様、ドライカレーのような以前出していた人

気料理も復活。乾麺を使ったナポリタンやたらこスパゲッティのよ

うな喫茶店の定番も…。写真入りメニューということで9割方写真

撮りも終わっているのですが、もう少し時間を下さい。場合によっ

ては「かがわこまち」さん監修の香川のカフェを網羅した雑誌の発

行に間に合わないかもしれませんが…。

 

「できるもんなら何でも作るよ」って、深夜食堂じゃないですけど、

そんな感じでやってますので、気になる方はご注文下さいな。

2019.07.25 Thursday 02:46
家族譚 comments(0)
追悼(言葉にできないぐらい可愛い奴だった)

この数ヶ月、いや、もう一年以上経ちますかねぇ。マメの介護ですよ。

目もあまり見えないようだし、耳も遠くなったんですけど、この様子

は認知症じゃないかと思いますね。18年と4ヶ月、ずいぶんと長生き

してますから、さもありなんと言いたいところですが、やっぱり寂し

いですよ。今年に入ってからは足の衰えも酷くなって、朝立ち上がる

にも時間が掛かるし、歩くことが困難な日もありますから。垂直に近

い斜面を駆け上っていた往年の姿を思い出すと、少し悲しくなります。

 

やせ衰えて床にへばりつくように眠るマメを見ると心配になりますよ。

時々呼吸を確認しないと、それこそ死んだように眠りますから。

この夏を乗り越えることができるのか?毎晩、時間を割いて顔を拭い

たり、衰えた足をさすったり…そう遠からず別れが来ることを知って

ますから少しずつ準備できますが、分かっているだけに言葉にできな

い想いも募るのだと、そんな気がしますよ。

 

それだけに、急な別れには心が追い付かないのかもしれません。いや、

急過ぎて現実感が乏しいと言うべきか…。

 

それは今朝のこと、早朝の5時頃でした。ユキが聞きなれない大きな声

で数回鳴き、そのまま倒れました。苦しそうに横になって…浅い呼吸を

しながら…時々小さな声を上げて。早朝だし急なことでしたから、何が

起こったのかなかなか理解ができませんでした。

 

どうすることもできませんでしたよ。明るくなる頃には息も絶え絶えで。

僕は左手で手をつなぎ、右手で背中や頭をさすって話し掛けていたんで

すが、最後に一度伸びをして、そのままゆっくり瞳の輝きを失っていき

ました。肉球も耳もとても冷たくて…急いでマメのところに走って、悪

いけど若いユキに命を譲ってくれないかと相談しました…が、願い虚し

く定めを変えることはできませんでした。

 

大雪の日にやって来て、どしゃ降りの日に旅立ったユキ。推定8歳。

 

 

現実感が乏しいままいつもの時間に店を開けました。仕事というのは有

難いものです。上手く考えることができなくても、注文を受ければ手が

勝手に動いてくれるし、その瞬間は目の前の料理や菓子に意識が集中し

ます。夫婦の会話はしんみりしますが、不思議と体のキレは良く、ミス

も無ければ盛り付けも悪くない。でも、それが…なんだか悲しかった。

 

営業を終えた頃はすっかり雨も上がっていました。草を刈って整地して、

帰ってきた娘と一緒に深い穴を掘りました。紫陽花や野菊の絨毯を作っ

てそっとユキを乗せてから上にも花を敷き詰めました。白猫にはピンク

の紫陽花が良く映えますね。妻と娘と3人での細やかな家族葬です。

寂しさと悲しさに胸が締め付けられるのですが、何故か温かい気持ちに

もなりましたよ。

 

夕食時、焼き魚だったのに妙に静かでした。家でごはんを食べると猫達

が集まる、そんなイメージでしたが実際はユキだけが騒いでいたんでし

ょうね。小さくほぐした魚を猫皿から下手くそに食べるユキをもう見る

ことができないんだなぁ。そんなことを考えながら食べました。

 

何時に帰っても出迎えてくれたユキ。粗相が多くて掃除する妻を煩わし

ていたユキ。湯舟の湯を飲みながらフタの上でのんびりしていたユキ。

納豆が好きで口がベタベタになっていたユキ。ウメを怒らせパンチされ

ていたユキ。娘の絵を貼った壁のテープを剥がしていたユキ。僕の足の

間で寝ていたユキ。もう、いないんだなぁ。今までありがとうな。

 

 

 

 

 

2019.07.23 Tuesday 00:13
猫の話 comments(1)
臨時休業

本日、7月12日は都合により臨時休業致します。

急なお知らせでごめんなさい。

只今、壁に阻まれておりまして…。

2019.07.12 Friday 03:10
- comments(0)
オーガニック野菜のパスタ

梅雨に相応しく、暑くて湿って不快な今日この頃ですが、皆さん如何

お過ごしでしょうか?エアコンが壊れた我が家はかなり蒸し暑くなる

のですが、ウメだけは相変わらず僕の足の間にすっぽりと入って寝る

んですよねぇ。黒猫は寒がりだと世に言いますが、あの状態でも暑く

ないんですかねぇ?僕は寝汗まみれでうなされそうですけどねぇ。

早よエアコン買わなきゃな。

 

さて、先週の日曜日のランチ中に突然やってきた人が、野菜を買って

欲しいなんて言うから、なんだ?この人は…って思ったんですけど、

その後、会って話すとなかなか愉快な人で、ついつい取引することに

なったんですよ。むかし野菜農園という名前でやっているそうですが、

無肥料無農薬の所謂オーガニック野菜でして、今日のランチからパス

タの具材に使ってますよ。この時期は、あまり見る機会が少ないカラ

フルなズッキーニを作っているようですが、ナスやオクラ、トマト、

ピーマンなんかも収穫次第仕入れてパスタにしようかと…。

あまり売れないそうですが、これがなかなか美味しいんですよ。ヒマ

があれば個装にして店のレジあたりに並べて販売したいと思うんです

けどね。土曜日に畑を見に行ったんですけど、その場で摘み取った半

分黄色で半分緑色のサイケな柄のズッキーニをカリッと食べたんです。

テレビなんかでどこかの有名店のシェフが畑の野菜を食べるじゃない、

そんな感じで。これが案外、ズッキーニのくせに仄かに甘い。

丸いのやストライプ柄やいろいろあるんですが、トマトソースとの相

性もいいし、オイルパスタやクリームに合わせてもイケますよ。

メニュー名は「季節の野菜」とか「近郊野菜」として一括りにしてま

すが、見慣れない野菜はむかし野菜農園のものだと思って間違ありま

せん。ちなみに、見慣れた野菜は主にみろくの産直で買ってます。

 

 

 

 

2019.07.01 Monday 00:56
料理あれこれ comments(0)
野宿する家族

蒸し暑さがグッと増した今週は、客足もまばらで時間的にゆとりがあり

ました。今が機会とばかりに気になっていたダクトの油汚れやエアコン

のフィルター掃除、クロの為に作った雨除けの屋根張り、低温で保存し

たままだった裏庭のレモンの氷砂糖漬け、新メニューの写真撮りやレシ

ピ作り…と、溜めに溜めた仕事を一気に片づけました。

なんと気分が良いことでしょう。主だった仕込みも終わり、明日は久々

の何も予定のない休日ですよ。ワクワクし過ぎて眠れない。もう、そん

な年でもないんだけど…。

 

雨が降って延期になったんですけど、本当なら今夜はキャンプに出掛け

る予定でした。キャンプって言っても、我が家の場合はオシャレじゃな

いやつね。キャンプという名の野宿なんですけどね、何もない誰もいな

い海岸や山中でテントを張って野宿する怪しい家族連れですな。

これ、なかなか楽しくて…焚火をしたり、ワインを飲んだり、珈琲を淹

れてみたり、ナイフで木を削ったり…。目的を定めず予定も立てず、風

の吹くまま気の向くままって感じがね、仕事も家も失った男が家族を連

れて放浪している気分になれるんですよ。疑似体験ですけどね、存外、

悪い気しないし、帰った時に仕事や家があることに改めて感謝しますよ。

 

毎回、娘と妻テントと僕一人テントに分かれるんですが、今回はクロも

連れて行って一緒に寝ようと思っていたんですよ。まぁ、毎日ウメと寝

てますが、犬も悪くないんじゃないかと…少々臭いますが。

むっちりとしたケモノと共に寝る安堵感、味わいたいですよねぇ。ちょ

っと酔って絡むと、困った顔になるんですよクロって。あの顔がなんと

も言えないんですよねぇ。間近で見たかったなぁ。

 

2019.06.22 Saturday 02:30
家族譚 comments(0)
1/252PAGES